快眠をサポートしてくれる睡眠薬の通販   >   睡眠薬を服用する際の注意点

睡眠薬を服用する際の注意点

服用時の注意

睡眠障害の改善のために睡眠薬を服用する際には、定められた用法・用量を必ず守るようにしましょう。薬の種類によっては服用の適切なタイミングにも違いがあります。食前・食後のどちらに服用すれば良いのか分からないのであれば、かかりつけの医師に相談するか、その睡眠薬の効果などが紹介されているサイトを確認してみることが大切です。
服用方法を誤ると睡眠薬の効果が十分に発揮されず、睡眠障害の改善が困難になることもあります。

睡眠薬を服用する上で、アルコールとの併用は絶対に避けなければいけません。アルコールは眠気を起こす成分が含まれており、飲酒後に睡眠薬を服用すると相乗効果により眠気が強くなります。
最悪の場合昏睡状態に陥るか、そのまま死亡してしまうリスクも考えられるのです。

また、睡眠薬の過剰摂取も同様のリスクをもたらします。持病などがある場合、睡眠薬とは併用出来ない医薬品を処方されていることもあるでしょう。複数の医薬品を自己判断で服用すると効果が得られないだけでなく、健康に害を及ぼすことも考えられます。

複数の医薬品をまとめて服用したい場合、まずは併用が可能かどうかを確かめ、安全性をしっかりと保障した上で服用しなければいけません。

市販薬・処方薬に関わらず、睡眠薬を服用した後は車やバイクの運転を控えることも大切です。服用後に眠気や健忘などが生じると、正確な運転が出来なくなる可能性がありとても危険です。車やバイクを運転する予定があるなら睡眠薬は服用しないようにしましょう。
中間型・長時間型の睡眠薬は起床後も効果が持続することがあります。通勤時に眠気が残っているようであれば、服用する睡眠薬を副作用の少ないものに替えたり、電車などの交通機関を利用することも検討しましょう。